美白 遺伝

美白と遺伝的なしみの関係

一般的な美白化粧品は、メラニン色素が生成されるのを抑制したり、しみやそばかすを防ぐ効果があります。美白と謳われていれば肌が白くなるという印象を持ちますが、残念ながらそもそもの肌の色は白くすることができません。人の肌の色は遺伝の影響が大きいからです。日焼けなどの後天的な影響で黒くなったのであれば美白化粧品でも効果は実感できますが、遺伝によって受け継いだ肌の色よりも白くすることはできないのです。
よく、秋田県には色の白い人が多いと言います。これは、日照時間が短いことに加え、色白の体質が受け継がれているからです。

 

肌の色だけでなく、肌質も遺伝します。そのため、親子で同じ肌の悩みを抱えることはとても多い現象です。母親が若いころにニキビに悩んでいたら子も悩む可能性が高くなりますし、しみやしわのできやすさも遺伝します。今の母親の肌を見て、もしも「こうなりたくないな」と思う箇所があるのなら、それに対する対策をすることが必要です。