しみそばかす消す

しみそばかすを消すために化粧下地を使った方法

今あるしみそばかすをまず消したい場合には、ファンデーションに頼る事になります。

 

しかし、いきなりファンデーションを付ける方が多いかと思いますが、その前に化粧下地を使う事で、とても綺麗なお肌作りを行うことができるんですね。

そこで、化粧下地の目的についてお話ししたいと思います。

 

化粧下地の目的はいくつかあげられます。

 

まず、しみそばかすを消したい部分がある場合、カバー力のある化粧下地を使うことで可能となりますが、隠すことを目的とした場合には、どうしても厚めに付けてしまいがちなので、肌に負担がかかる場合が起こってきますので、できるだけナチュラルな成分のものを選ぶといいでしょう。

 

また、保湿効果がある化粧下地を使用した場合、ファンデーションののりを良くして化粧崩れを防ぐ事にも役だってくれます。

 

その他には、お顔の肌トーンの調整目的として使用する方もいます。イエロー・グリーン・ピンク・パープルといった色の付いたコントロールカラーの化粧下地を使用することで、お肌に色味をプラスすることができますので、理想的なお肌を作ることができます。

 

ツヤ肌や、お人形さんみたいなマット感がある肌を目的とした化粧下地となります。例えば、華やかなパーティなどの場合、パールやラメ入りの化粧下地を使う事で、明るい華やかなお顔作りができるのです。

 

いろいろな目的を持った中で、上手く化粧下地を使ってしみそばかすのない美肌作りをしてみてくださいね。

 

どのような化粧下地でも、できるだけ伸ばして薄く付け、肌に密着させるようにするととても綺麗に仕上がってくれますよ。

 

化粧下地の使い方

ファンデーションの前に化粧下地を付けることで、ファンデーションののりをよくして、化粧崩れをしにくいといった、
とてもしみそばかすが消えたかのような綺麗なお肌を作ることができることになります。

 

そこで、化粧下地の正しい使い方についてご説明していきたいと思います。

 

まず、洗顔をしてから保湿効果の高い化粧水でしっかりとお肌に保湿ケアをして毛穴を引き締めていきます。
そして、美容液でお肌を整えたら、ここで終わりの方とさらに乳液を使われる方がいますよね。

 

ですが、化粧下地の効果をさらに高めるためにも、乳液をつけられることをおすすめします。乳液はお肌にしっかりと蓄えた水分を逃がさないためのいわゆるフタのような役割をしてくれます。
ですが、油分が多い乳液を嫌う方もいますよね。そんな場合はできるだけサラッとしたテクスチャーの乳液を使っていきましょう。

 

そして、化粧下地はできるだけ保湿効果が高いものを選び、厚付けにならないように少なめに出して、薄くムラのないように伸ばして付けていきます。その際に、指の腹を使ってできるだけ肌に密着させていくように付けていきましょう。

 

顔の中心から外側へ向かって「頬」「額」「鼻」「あご」の順に付けていきます。ひつこいですが、薄く丁寧に付けてくださいね。そして付け終わったら、最後の仕上げとして顔全体を手の平で包むようにしてみましょう。
その際に、お顔が手が吸い付く感じがしたらOK!です。もし、付け過ぎたと思った際には、ティッシュで軽く拭き取るといいですよ。

 

また、年齢肌による、しみそばかすが気になる方は、保湿効果に加えて紫外線対策や美容成分が配合されたナチュラルな化粧下地を選ぶといいですよ。