老人性シミとは?

老人性シミとは?

若い年代層であっても、外出の際に紫外線対策を全くしないで直接強い紫外線を長時間受け続けることで、肌は外敵刺激を受けてしまいお肌の表面の細胞だけではなく内面の肌細胞のエラスチンやコラーゲンまでもダメージを与えてしまい、これによって肌の老化現象をひき起こす原因になってしまいます。ですが、これが年齢を増すにつれてメラニン色素がさらに蓄積して皮膚表面にはシミという形で残ってしまいます。

60代以降の高年齢になってきますと、紫外線を浴びるだけでも顔以外にも腕にもシミが出てきます。これが老人性シミです。老人性シミを作らないためにも、中高年以降の年代の方も外出される際にはしっかりと紫外線対策をされることをおすすめします。加齢によって肌周期がどうしてもスムーズに行なわれなくなってしまい、部分的に滞ったりしてしまいことで、過剰にメラニンがつくられてそれが沈着することで、この老人性シミを作り出してしまいます。老人性シミの症状ですが、最初は薄い茶色のシミで現れますが、しっかりとケアしないでそのまま放置することで、徐々に老人性シミは濃くなってきてそれが目立つようになってきます。

 

人によってはこの老人性シミが盛り上がってしまい、まるでイボのように見えることもあります。老人性シミの進行を防ぐためにも、部分的に現れているメラニンを取り除くケアをおすすめします。