美白化粧品のまだらの原因

美白化粧品のまだらにる原因は?

女性にとって透き通るような透明感のあるお肌って憧れですよね。少しでもそんな美肌に近づきたいと美白化粧品を使ってお肌のお手入れをされることでしょう。その際、美白効果がある成分がこの美白化粧品に配合されているわけですが、先日から報道されているようにカネボウ化粧品の美白化粧品で多くの女性に美白のまだら症状が起こっています。ちなみに、カネボウの場合では、この美白のまだらの原因が美白成分「ロドデノール」が原因とされています。肌がまだら状態になるのは「白斑」と呼ばれる肌トラブルです。

 

白斑とは、美白効果の強い成分によって、肌にダメージが与えられてしまいます。美白成分があまりにも強すぎるために、皮膚の一部分がまるで漂泊したかたのように色が白く抜けてしまう状態になります。やはり、美白を求めるあまりにとても強い美白成分が配合された美白化粧品を使う事で美白のまだらが起こってしまうこともありますので、パッチテストなどを行ったり、自分の肌質に合わせた化粧品選びはとても大切になってきます。ちなみに、肌に起こったこの美白のまだらですが、症状が軽ければ、その化粧品の使用はすぐに止めてある程度の時間の経過と共に自然に肌が修復してくれる場合もありますが、かなりはっきりした白斑やその範囲が大きい場合などに関しては、あきらかに皮膚疾患です。自己ケアでは治すことが困難になってきますので、専門医の受診をおすすめします。